千と千尋の神隠し|無料で動画フル視聴できる公式配信サイトを紹介【アニメ映画】

アニメ映画・劇場版
©2001 Studio Ghibli・NDDTM

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、『千と千尋の神隠し』のフル動画・見逃し配信動画を安心快適に無料視聴できるサイトをご紹介いたします。

『千と千尋の神隠し』の動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『千と千尋の神隠し』の動画は、TSUTAYA TV/DISCASなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

TSUTAYA TV/DISCASは初回登録するだけで、30日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、1,100円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

TSUTAYA TV/DISCASの概要と特徴

『TSUTAYA TV/DISCAS』とは、ネットで動画視聴ができる「TSUTAYA TV」とDVDの宅配レンタルができる「TSUTAYA DISCAS」の複合サービスのことです。

TSUTAYA TV/DISCASさえあれば、外出先でもスマホやノートPCで動画を楽しむこともできるし、自宅でゆっくりDVD動画を楽しむこともできます。

ジブリ作品や著作権などの諸事情により動画配信されていない作品でも、旧作なら無料でDVDをレンタルすることもできます!

しかも、DVDレンタルは、わざわざ借りるために外出しなくても、自宅まで届けてくれるのでとても便利です。

初回登録に限り30日間の無料お試し期間(+1,100円分のポイントプレゼント)が設けられているので、初めての方も安心。

無料お試し期間中でも、有料会員とほぼ同じサービスを利用できます。(新作DVDの宅配レンタルのみ有料会員限定)

無料お試し期間中に解約すれば、一切お金をかけずに動画を楽しむことができます!

  • 30日間の無料期間有り
  • 登録するだけで1,100ポイントがもらえる
  • 10,000作品以上の動画配信が見放題
  • CD/DVDが借り放題 ※旧作のみ
  • 家に居ながらCD/DVDレンタル可能
  • レンタルの返却は郵便ポストに投函するだけ
  • 無料期間後は月額2,417円(税別)  ※毎月1,100ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

簡単レンタル!楽チン返却!

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配サービス)では、レンタルしたい作品をリストに入れて置くだけで、最短翌日にはDVDが自宅に届きます。

見終わった後は、ポストに投函するだけで返却完了。とっても簡単で楽チンです。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

しかも、返送する際には、専用往復封筒を利用すれば、返送料金もかかりません。

毎日忙しくて借りに行く時間のない人や近くにレンタルショップがない地域の人にもすごく便利だよ。

送料無料も嬉しいね。

旧作DVDはすべて無料で借り放題!

TSUTAYA DISCASでは、旧作DVDがすべて借り放題です。

※無料お試し期間中、8枚目までなら準新作も借りることが可能です!(新作は有料会員のみ)

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

旧作でも、動画配信サービスでは有料だったり、そもそも配信されていない作品も多いから、そういう作品はDVDをレンタルしちゃうのが一番だよ。

ジブリもディズニーもジャニーズも。見たい作品がどんどん見つかるね!

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『千と千尋の神隠し』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS ー/◎ 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『千と千尋の神隠し』を無料動画共有サイトで検索

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

YouTube pandora.tv Dailymotion

『千と千尋の神隠し』の作品紹介

両親と共に引越し先の新しい家へ向かう10歳の少女、千尋。しかし彼女はこれから始まる新しい生活に大きな不安を感じていた。やがて千尋たちの乗る車はいつの間にか“不思議の町”へと迷い込んでしまう。その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れていく両親。が、彼らは“不思議の町”の掟を破ったために豚にされてしまい……。巨匠・宮崎駿監督が前作「もののけ姫」とは対照的に、現代日本を舞台に少女の成長と友愛の物語を描く、“自分探し”の冒険ファンタジー。

声優

荻野千尋:柊瑠美

ハク:入野自由

湯婆婆・銭婆:夏木マリ

釜爺:菅原文太

カオナシ:中村彰男

リン:玉井夕海

坊:神木隆之介

荻野明夫:内藤剛志

荻野悠子:沢口靖子

父役:上條恒彦

兄役:小野武彦

青蛙:我修院達也

番台蛙:大泉洋

おしら様:安田顕

河の神:はやし・こば

スタッフ

監督・脚本・原作:宮崎駿

製作:鈴木敏夫

製作総指揮:徳間康快

音楽:久石譲

撮影:奥井敦

編集:瀬山武司

制作会社:スタジオジブリ

美術監督:武重洋二

色彩設計:保田道世

映像演出:奥井敦

『千と千尋の神隠し』の感想

20代女性
20代女性

ジブリの世界観はとても幻想的で面白いですが、特に千と千尋の神隠しの世界観は好きで心に残っています。自分自身が子供の頃から何度も見ているにもかかわらず、時々見たくなり、見出したら見るのにとても集中してしまいます。ジブリの作品は子供も楽しめるけど、大人になっても楽しめます。見る時期によって映像の中に秘められた意味など違う視点から感じることができるので、新たな発見が次々に出てきます。絵の一つ一つに登場人物本人の心の想いが秘めまれていて「あ!これはこういう感情を表しているのか」と感じることができます。途中途中でとてもハラハラする場面もあるのですが、そこも魅力だと思います。千の家族を思う気持ちと千尋がハクを愛する気持ち、また仲間を思いやる気持ち。家族愛と恋愛と仲間愛が感じられます。千のとても暖かい心が沢山の視聴者を感動させていると思います。また、多くの方が千と千尋の神隠しを見て映画のモデルとなった場所へ観光されたりしますが、私もモデルとなった場所を観光して作品を思い出して、また心が暖かくなるようでした。ジブリの作品は本当に良い作品ばかりですが、心に深く物語と映像が残っていて1番大好きな作品です。

40代女性
40代女性

私が映画館で初めて見たジブリ作品。ネタバレになりので詳しく書けませんが、ハクのおにぎりシーンで私もぽろぽろと涙がこぼれてきました。異世界に迷い込み、たった一人で奮闘しなくてはならない千尋に当時は自分を重ねていたのかも知れません。元の世界では無気力だった千尋が、一生懸命自分の居場所を作っていく様子は見ているこちらにも勇気が湧いてきます。そう思うと、カオナシもハクも本当の居場所を見つけたかったのかも知れません。きちんとした居場所がある湯婆婆は強いし、ぶれてない感じがします。夏木マリさんの声も迫力があって最高でした。そして湯婆婆は意外に良い経営者な感じがします。釜爺やリンなど周りの人の存在も千尋を成長させてくれていました。でも、何よりも千尋が一番の力を発揮できるのはハクのため。ハクも千尋を大切に思っている。そんなところがとても甘酸っぱくて好きです・・。エンディングの「いつも何度でも」も作品にピッタリでエンドロールでジーンとしました。

20代女性
20代女性

千と千尋の神隠しは、現実にはない作品となっていて、実際に不思議な作品だなと思いながら観ていました。子どもの時に観たときは、非現実的な絵でもあり、ちょっと怖くなったこともありました。作品の中には、突然親が動物にされてしまったり、知らないところに案内されて主人公がいきなり働くことになったり、実際にそうなったら嫌だな、怖いな、なんだか不思議だなと思うことがありました。ですが、いろんな人と出会い、いろんな経験をし、主人公がとてもしっかり強く生きている作品になっており、素晴らしいなと思うことができました。作品の絵が非現実的で子どもにとっては少し怖いですが、こんな素晴らしい作品もあるんだなと、面白く観ることができました。最後には失っていた過去のことをよみがえり、自分の名前を思い出したり、男の子と再会できたり、親が動物から人間に戻ったり、と感動するシーンがあり、なんだか見入ってしまう作品でした。

20代女性
20代女性

あの世界観はどこにもなくて、とても幻想的な気分になります。どこか懐かしくて、寂しいような感じがして大好きです。嫌だなと思っていたことがあっても千と千尋を見ると心が朗らかになります。小さなキャラクターが可愛くて、ほっこりする場面もありなかなか面白いです。ここまで泣いたり笑ったり色んな感情になる作品は他にはないと思います。決して現実にはない食べ物や、生き物にも毎回ドキドキさせられます。綺麗な情景も見るたびに違って見えて、すごく細かく描かれているのがすごいです。何度みても飽きないのが千と千尋の良さだと思います。主人公の千尋が子供なりに頑張って成長していく姿がカッコよく見えてきます。子供が見ても、大人が見ても何か吸い込まれるような素晴らしい映画だと思います。日本人はもちろん、外国の方にも愛されているのが本当に理解できます。子供の頃から何回も見ましたが、何年・何十年経ってもまた見たいと思える作品です。

20代女性
20代女性

千と千尋の神隠しは、言わずと知れた宮崎駿の最高傑作である。ストーリー性、音楽、映像の緻密さ、全てが大迫力のであり、登場人物の個性が一人ひとり濃く、しっかりと頭に残るのだ。未だに興行収入ランキング1位の座を守り続けていることも納得の素晴らしい作品だ。そして、この映画の中で個人的に深く印象に残ったシーンが2つある。1つ目は、主人公の千尋を何かと助ける謎の少年ハクが放った言葉、「いつもは千でいて、本当の名前はしっかり隠しておくんだよ」というものだ。これは、千尋がある魔女に名前を奪われかけ、本当の自分を見失いそうになった時に出てくる言葉である。このアドバイスは、混沌とした世界を生きる私たちへの強いメッセージだと私は受け取れた。「主張すれば叩かれ、生きづらくなるこの世の中であっても、本当の魂まで相手に売ってはいけないよ」と言われたようで泣けてしまった。ほんと、ジブリのこういうところが大好き。そして2つ目は、自分の名前を忘れ魔女に操られていたハクが、千尋に本当の名前を告げられるシーンである。ハクは竜となって千尋を乗せていたが、その時の感覚が千尋の昔の記憶を呼び覚ました。その記憶が出てきた瞬間、千尋はハクの正体を理解したのである。物語の前半で「一度あったことは忘れないさ、思い出せないだけで」というセリフがあるが、まさにその通りだったのである。千尋に名前を告げられたハクは奪われていた自分自身を取り戻し、希望を手に入れるのである。まさに、愛、純愛である。恋愛を超えたスケールの大きい愛の物語であった。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新状況はTSUTAYA TV/DISCAS公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!