思い出のマーニー|無料で動画フル視聴できる公式配信サイトを紹介【アニメ映画】

アニメ映画・劇場版
©2014 Studio Ghibli・NDHDMTK

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、『思い出のマーニー』のフル動画・見逃し配信動画を安心快適に無料視聴できるサイトをご紹介いたします。

『思い出のマーニー』の動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『思い出のマーニー』の動画は、TSUTAYA TV/DISCASなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

TSUTAYA TV/DISCASは初回登録するだけで、30日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、1,100円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

TSUTAYA TV/DISCASの概要と特徴

『TSUTAYA TV/DISCAS』とは、ネットで動画視聴ができる「TSUTAYA TV」とDVDの宅配レンタルができる「TSUTAYA DISCAS」の複合サービスのことです。

TSUTAYA TV/DISCASさえあれば、外出先でもスマホやノートPCで動画を楽しむこともできるし、自宅でゆっくりDVD動画を楽しむこともできます。

ジブリ作品や著作権などの諸事情により動画配信されていない作品でも、旧作DVDなら無料でレンタルすることもできます!

しかも、DVDレンタルは、わざわざ借りるために外出しなくても、自宅まで届けてくれるのでとても便利です。

初回登録に限り30日間の無料お試し期間(+1,100円分のポイントプレゼント)が設けられているので、初めての方も安心。

無料お試し期間中でも、有料会員とほぼ同じサービスを利用できます。(新作DVDの宅配レンタルのみ有料会員限定)

無料お試し期間中に解約すれば、一切お金をかけずに動画を楽しむことができます!

  • 30日間の無料期間有り
  • 登録するだけで1,100ポイントがもらえる
  • 10,000作品以上の動画配信が見放題
  • CD/DVDが借り放題 ※旧作のみ
  • 家に居ながらCD/DVDレンタル可能
  • レンタルの返却は郵便ポストに投函するだけ
  • 無料期間後は月額2,417円(税別)  ※毎月1,100ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

簡単レンタル!楽チン返却!

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配サービス)では、レンタルしたい作品をリストに入れて置くだけで、最短翌日にはDVDが自宅に届きます。

見終わった後は、ポストに投函するだけで返却完了。とっても簡単で楽チンです。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

しかも、返送する際には、専用往復封筒を利用すれば、返送料金もかかりません。

毎日忙しくて借りに行く時間のない人や近くにレンタルショップがない地域の人にもすごく便利だよ。

送料無料も嬉しいね。

旧作DVDはすべて無料で借り放題!

TSUTAYA DISCASでは、旧作DVDがすべて借り放題です。

※無料お試し期間中、8枚目までなら準新作も借りることが可能です!(新作は有料会員のみ)

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

旧作でも、動画配信サービスでは有料だったり、そもそも配信されていない作品も多いから、そういう作品はDVDをレンタルしちゃうのが一番だよ。

ジブリもディズニーもジャニーズも。見たい作品がどんどん見つかるね!

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『思い出のマーニー』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS ー/◎ 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『思い出のマーニー』を無料動画共有サイトで検索

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

YouTube pandora.tv Dailymotion

『思い出のマーニー』の作品紹介

「借りぐらしのアリエッティ」で長編デビューを飾った米林宏昌監督が、英国の名作児童文学を舞台を北海道に置き換えて映画化した感動の思春期ファンタジー。心を閉ざした多感な12歳の少女・杏奈が、謎めいた同い年の少女マーニーと過ごすひと夏の不思議な思い出と心の成長を瑞々しく詩情あふれる筆致で綴る。北海道の札幌に暮らす中学1年生の杏奈。辛い生い立ちから心を閉ざし、誰とも打ち解けることなく孤独な日々を送っていた。そんな中、持病の喘息が悪化し、転地療養のために海辺の村でひと夏を過ごすことに。そこで杏奈は、入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を目にする。地元の人が湿っ地(しめっち)屋敷と呼ぶその建物に、なぜか懐かしさを覚え惹かれていく杏奈だったが…。

声優

佐々木 杏奈(ささき あんな):高月彩良

マーニー:有村架純

佐々木 頼子(ささき よりこ):松嶋菜々子

山下医師:大泉洋

美術教師:森崎博之

みよ子:白石晴香

大岩 清正(おおいわ きよまさ):寺島進

大岩 セツ(おおいわ セツ):根岸季衣

彩香(さやか):杉咲花

武(たけし):石井マーク

久子(ひさこ):黒木瞳

信子(のぶこ):頼経明子

老婦人(晩年のマーニー):森山良子

ばあや:吉行和子

マーニーの母:甲斐田裕子

マーニーの父:戸次重幸

絵美里(えみり):石山蓮華

スタッフ

監督:米林宏昌

原作:ジョーン・G・ロビンソン

脚本:丹羽圭子、安藤雅司、米林宏昌

製作:鈴木敏夫

音楽:村松崇継

作画監督:安藤雅司

美術監督:種田陽平

色指定:加島優生

映像演出:奥井敦

音響演出:笠松広司

編集:松原理恵

制作:星野康二、スタジオジブリ

プロデューサー:西村義明

『思い出のマーニー』の感想

30代女性
30代女性

物語が謎に包まれたまま進んでいき、気がつけば作品にどっぷりとつかっているような映画でした。謎がすべて解き明かされたときのドキドキ感がたまらなく、感動で胸が熱くなりました。人はそれぞれ色々な過去があって、様々な悩みがありますが、それが子どものころってうまく消化できなくて周りに当たり散らしたりしてしまいます。人と比べたり、上手くいかないと他人のせいにしたりしたくなることがこの作品にはギュッと詰まっていて、自分が変わらないと他人は何もしてくれず、何も変わらないのだと教えてもらった気がします。マーニーが美しく、神秘的で何度見ても彼女のとりことなってしまいます。同じ女の子なのに彼女に惹かれる主人公の気持ちがよくわかりました。ちょっと切なくて、でも最後は前を向いて頑張って生きていこうと思わせてくれる、勇気をくれた作品でした。うまくいかない時もありますが、下ばかり向いていないでおかれたところで咲こうというメッセージがあった気もします。ジブリ作品の中でも特に印象深いもので、大人向けの作品かと思いますが、子どもは子供で見ていて映像が美しく楽しかったと言っていました。ジブリは子どもも大人も見て楽しめて、メッセージが込められている物が多いので、この映画も何度も見直したいものです。

20代女性
20代女性

まず主人公の女の子がリアルに描かれていて、より深く感情移入することができました。映画を見てる私自身にネガティブなところがあるのでどこか斜に構え、ひとりで絵ばかり描いている主人公に自分が重なりました。マーニーという女の子はとてもかわいくお洒落でお姫様のように見え、私にもこんな友達がいたら毎日楽しいだろうなあと羨ましく感じました。アンナとマーニー、対極的なところも良いですね。仲良く遊ぶ二人はとても微笑ましく、マーニーの家で語らう姿は見ているこちらまでワクワクしました。二人の友情は見ていて美しかったです。この映画は静かで、ゆっくりと時間が流れる雰囲気が心地よくて好きです。ずっと浸っていたくなります。幻想的な世界観が好きな私にはぴったりでした。二人の声優は女優さんですが、特に違和感なく見ることができました。アンナの声は等身大でよく響き、マーニーの声は鳥のようにかわいくて、どこまでも自由に感じました。作中の風景も綺麗で、没頭することができました。大きく動く展開がある映画ではないけれど、セリフのひとつひとつに意味があるのではないかと考えさせられ、そして胸に残る、そんな作品です。大切な人に会いたくなります。また何年か後に見たいです。

10代女性
10代女性

「借りぐらしのアリエッティ」の米林宏昌監督の作品ということで、切なく儚い、そしてどこか懐かしい世界観が非常に魅力的です。北海道を舞台にしておりスーパーおおぞらや湿原など、細かい土地の描写もされており、現実と夢のような出来事の折り合いがうまく表現されています。杏奈は最初の頃はすべてにおいて否定的でしたが、マーニーに出会うことにより心を開いてく場面、またマーニーのお屋敷に行くため、ボートに乗り湿っち屋敷に行く場面では、まるでこれから夢の世界に入るんだ、という誘導のようになっており綺麗です。杏奈の周りの人物も魅力的に描かれており、キャラクターが立っていることで更にマーニーという少女の存在が、謎に包まれていることがより一層表現されています。他のジブリ作品と違い、主人公1人が自立しているのではなく、杏奈とマーニーで1つの人物として成り立つ点も、他の作品の差別化になっていて、また一味違うストーリーが楽しめます。

30代女性
30代女性

主人公のアンナは、思春期ならではの心の葛藤があって、私自身も感じた事があるので、自分と重ねて観ていました。マーニーとのやり取りは、詳細が全くわからない子なので、とても不思議で温かく優しく心地良かったです。明るくなっていくアンナにも元気をもらいました。マーニーは幸せそうに見えても実は順風満帆ではない姿を見るのはとても辛かったです。この作品を観て感じた事は、人生は必ずしも全てが幸せだとは限らない。いろいろ苦労してその中でも大切なものを守って行けたら、素晴らしい人生になるのかなと思いました。物語りの根本にあるは、壮大な愛情であると思います。特にアンナの様な年齢だと愛情を注いでくれている人がいても、塞ぎ込んでしまって気づけないんだと思います。親戚のおばちゃん、おじちゃんやお母さんのしてくれる事をお節介と思う所は、まさにそうかなと思います。アンナが疎開した田舎はとても綺麗に描かれていて、このご時世には住んでみたいなと思う開放感がありました。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新状況はTSUTAYA TV/DISCAS公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!