かくしごと|見逃し動画を無料フル視聴できる公式配信サイトを紹介【TVアニメ】

TVアニメ
©久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、『かくしごと』の見逃し配信動画を安心快適に無料フル視聴できるサイトをご紹介いたします。

『かくしごと』の見逃し配信動画を無料でフル視聴するには?

©久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会

結論からお話しすると、『かくしごと』の見逃し配信動画は、U-NEXTなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

U-NEXTは初回登録するだけで、31日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、600円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『かくしごと』を
無料動画共有サイトで検索

YouTube

pandora.tv

Dailymotion

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

『かくしごと』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。

U-NEXTはポイントももらえるし無料期間も長いし、お得感満載!music.jpもたくさんポイントがもらえて嬉しいけど、動画はどれも費用(ポイント)が必要だから、ポイントを使い切った後でも見放題作品をたくさん楽しめるU-NEXTがおすすめだよ。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

U-NEXTの概要と特徴

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 190,000本以上の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は19万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

出典:U-NEXT公式ブログ

出典:U-NEXT公式ブログ

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

U-NEXTは、4つのジャンルで1位を獲ってるんだよ!

他社よりもたくさんの作品が楽しめるってことだね!

『かくしごと』を見終わった後でも、数多くの作品が視聴可能ですので、気になっていた作品やもう一度見たかった作品を、ぜひこの機会に楽しんでみてはいかがでしょうか。

家族みんなで動画や漫画をシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを持つことができるので、家族みんなで楽しむことができます。

お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、それぞれ独立したアカウントで自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画や漫画などをお得にシェアすることができます。

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるから、安心だよ。

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホやタブレットにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学の移動中、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、データ量を心配することなく、待ち時間やスキマ時間を有意義に使うことができます!

動画のデータ量って結構気になるから、これは嬉しいね!

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『かくしごと』の作品紹介

親バカ漫画家の「かくしごと」と愛娘の日常を描くドタバタ・ハートフルコメディ!

見どころ

自身が漫画家であるということを娘にひた隠しにする父・可久士が、あらゆる状況で「隠し事」をする姿に爆笑必至!時折入るちょっぴりシリアスなドラマも見どころ。

ストーリー

ちょっと下品な漫画を描いているベテラン漫画家の後藤可久士。彼が何よりも優先するのは、小学4年生の愛娘・姫のこと。そんな親バカな可久士が姫に知られたくない「かくしごと」は、自分が漫画家だということ。日々、自分の仕事を隠し通そうと奮闘するが…?

キャスト

後藤可久士:神谷浩史

後藤姫:高橋李依

十丸院五月:花江夏樹

志治仰:八代拓

墨田羅砂:安野希世乃

筧亜美:佐倉綾音

芥子駆:村瀬歩

六條一子:内田真礼

ナディラ:加藤英美里

マリオ:浪川大輔

スタッフ

監督:村野佑太

原作:久米田康治

アニメーション制作:亜細亜堂

キャラクターデザイン:山本周平

音楽:橋本由香利

総作画監督:西岡夕樹、遠藤江美子、山本周平

『かくしごと』と併せて観たい作品紹介

U-NEXTでは、『かくしごと』関連作品も数多く配信されています。

神谷浩史声優作品

  • 進撃の巨人
  • ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 第2期
  • ソードアート・オンラインII
  • 文豪ストレイドッグス
  • 青の祓魔師 京都不浄王篇

村野佑太監督作品

  • 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~
  • 異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
  • ドリフェス!
  • ドリフェス!R

まだまだ紹介しきれないくらいたくさん配信されているから、気になる作品があれば、U-NEXT公式サイトで確認してみてね!

『かくしごと』のあらすじ

第1話「かくしごと」「ねがいごと」

ちょっと下品な漫画を連載中の後藤可久士は、娘・姫にばれるのを恐れ、漫画家であることを隠し続けていた。ある日、連載する「週刊少年マンガジン」の新しい担当編集者・十丸院五月が間違って自宅を訪問し…。

第2話「ビーサンとB4」「おかない かかない しあげない」

姫は臨海学校へ出かけるが、砂浜で遊ぶ姫の姿をバルコニーから眺める男がいた。娘が海でトラブルに巻き込まれるのではと心配し過ぎた可久士が、知り合いに別荘を借り、アシスタントを引き連れてやってきたのだった。

第3話「やりくりサーカス」「漫画の実情と筋肉」

ゴトープロのアシスタントたちがけがをしてしまい、可久士の原稿が危うくなる。十丸院は新アシスタント・阿藤勇馬を紹介するが、可久士は「あの十丸院がまともな新人を紹介するとは思えない」といぶかしがる。

第4話「ノルマエ・ナマエ」「コマ割りスケッチ」

ある日、可久士の美容室の会員カードを見た芥子駆は、「後藤和士」の文字に「可久士はペンネームだったんですね」と尋ねる。すると、可久士は「世間では後藤和士で通っており、本名が可久士だ」と告げる。

第5話「それでも鉢は廻ってくる」「泊めたねっ!」

十丸院から漫画新人賞の審査員を頼まれた可久士。1度は断るが、姫から「嫌な当番も誰かがやらないと、社会が回っていかない」と先生に教わったことを説かれ、態度を一変させる。後日、大量のダンボール箱が届き…。

第6話「スクールランドセル」

後藤家の玄関に「だてなおとより」というメモが添えられた新品のランドセルが置かれている。姫はふたつのランドセルを背負い、可久士は写真を撮る。そして、「だてなおとより」のランドセルを押し入れにしまい…。

第7話「いぬほしき」「母子を継ぐ者」

「子犬の飼い主募集」のチラシを持ってきて、可久士にお願いする姫。悩む可久士は、公園でイヌを連れた一子先生と出会う。「ひとりでいることが多かったから、この子には救われた」と、先生は愛犬を優しく撫でる。

第8話「おれたちの下描き」「残念記念組」

子犬の名前がまだ決まらない。ひとまず姫は「ゴル(仮)」とするが、いよいよ区役所で本名を付けることに。迷い続ける姫だったが、窓口係のある一言で決める。姫は笑顔で「最初から名前は付いてた!」と言うが…。

第9話「師走は君の嘘」

時は12月、漫画家にとって試練の「年末進行」がやってきた。編集部が年末年始を休むために、締め切りが前倒しになる厳しい期間だ。だが、出版社の年末パーティを楽しみたいゴトープロの面々は、やる気十分で…。

第10話「I''S(伊豆)」

年末進行に立ち向かうゴトープロ。年内に年明けの分まで描いておけば正月休みが取れると、さらに先の締め切りまで進行しようと試みる。ところが、可久士は「描きだめができない」と筆が進まず…。

第11話「最終回平気彼女」

ある夜、姫から「家族会議したい」と告げられた可久士はうろたえ、「うちには会議室がないから、会議室を作ってからにしよう」と返す。翌日、姫は学校で「会議室がなくても会議はできる」と聞き…。

第12話「ひめごと」

可久士が「毎年やっていこう」と言った3人きりの誕生日会が、ずっと続くと信じていた11歳の姫。時は流れ、18歳になった姫は、何者かから鍵と地図を手に入れ、江ノ電に乗って鎌倉にある家を目指す。

『かくしごと』の感想

40代女性
40代女性

本作は、漫画家であることを娘に隠している父親と、素直で可愛らしい小学生の娘の日常を描いたハートフルコメディ。タイトルには「隠し事」と「描く仕事」の両方の意味が込められています。漫画家であることを家族に隠し通すというのは、並大抵の覚悟ではできません。主人公の後藤可久士は、スタッフにも協力を要請し、細心の注意を払って娘の姫には自分が普通のサラリーマンであるかのように振る舞いますが、その必死の努力には拍手を送りたくなるほど。それもこれも、描いている漫画が下ネタ満載で、娘のことを思ってのことなので、微笑ましい限りです。親バカなだけでなく、仕事はきっちりしているところも格好良く、可久士役を演じている神谷浩史の演技も相まって、娘を溺愛する可久士のことが大好きになりました。娘の姫を演じているのは高橋李依。彼女もまた父親想いで可愛い小学4年生の少女を見事に演じ切っていて素晴らしかったです。個性的なキャラが沢山登場しますが、中でも印象深いのが編集担当の十丸院五月。省エネタイプの人間で、花江夏樹の良い意味で力が入ってないゆるい演じ方が最高でした。基本的にはギャグコメディでテンポ良く進み、気楽に楽しめるアニメですが、時折感動できるエピソードが混じり、ホロっとくるシーンも多々ありました。また、Cパートでは毎回本編より先の未来のシーンが映るのですが、シリアスさも後半になるにつれて増していきます。親子のほのぼのとした何気ない日常が積み重なっていくことで、大切な思い出になっていくことをしみじみ感じる素晴らしいアニメでした。

40代男性
40代男性

「かくしごと」は下ネタ満載の漫画を書いている主人公が、娘に仕事のことを絶対に知られないように秘密にしようと右往左往する感じが、コミカルさ満載という感じで面白かったと思います。そこまでするかという感じで、やりすぎ的なことも多いですが、必死な感じが更にコミカルさを煽っている感じがして、最高でした。「化物語」や「夏目友人帳」も見ていたので、主人公の後藤可久士の声を神谷浩史さんが演じていて、安心して見れました。可久士のキャラも「化物語」の阿良々木に近い感じだったと思います。そして、なんといっても可久士の娘の姫ちゃんが良い子すぎて、可愛すぎたと思います。母親がいないということですが、可久士のことが本当に好きという感じで、わがままも言わずに可久士の言うことをちゃんと聞いて、本当に可愛くて偉いです。そして、神谷浩史さんが主役の声を演じる作品の定番として、ハーレム状態的になるということで、個性豊かで魅力的な女性キャらが多かったです。その中でも、特に、可久士の漫画のアシスタントの墨田羅砂で、ふんわり美人という感じで癒し系で最高だと思いました。また、現代社会の問題も盛り込まれていて、興味深さもあったと思います。

20代男性
20代男性

この作品は、親は子をどのように考えているのかと子は親のことをどう考えているのかを教えてくれる作品だと思いました。まず、主人公は一人娘を持つ親なのですが、主人公は自分がしている仕事を娘に知られないように、あの手この手を使いなんとか知られないように頑張ります。一方、娘の方は親の主人公のことを気遣ったり、子供らしい一面を見せたりします。親は子に感謝し、子は親に感謝するというところが私は一番好きです。このような一見素晴らしい家族愛に溢れている作品かと思われますが、バリバリのギャクアニメでいつでも笑いが絶えない作品となっています。主人公自身とその周りの人が起こすはちゃめちゃな日常がくせになることは間違い無しの作品でした。

20代女性
20代女性

もともと同じ原作者の『さよなら絶望先生』が好きで作品に興味をもちました。『絶望先生』で主人公を演じた神谷浩史さんが今作でも主人公をやるということで、放送前から期待値がかなり高かったのですが、それを超えるどころか回を増すごとに加速度的に面白くなっていきました。娘の姫ちゃんがお父さん思いのいい子で、彼女と後藤先生の微笑ましいやりとりにほっこりしつつ、後藤先生が彼女のために頑張る姿や漫画家ならではのネタに笑いつつ、ところどころ挟まれるダークな笑いに時々身に覚えがありすぎて耳が痛くなりながらも、観ていてとても楽しい作品でした。その一方で、毎話ED後に挿し込まれるCパート。後藤先生の姿はなく、本編よりも成長した姫ちゃんの姿や意味深なやりとりを交わす登場人物たちに心がざわつきました。今までのやりとりがなんだったのか物語終盤近くで明かされた時は衝撃的でした。また作品内容の他に、サブタイルが既存の作品名をいじったもので、元ネタがわかるとクスっとなります。番組PVやサイトのデザインは爽やかでハートフルな雰囲気に見せかけ、中にはわりかしぶっ飛んだ笑いがあってそのギャップが面白いのですが、それだけでもないという、いろいろな要素が詰まって何重にも面白さが重なった素敵な作品です。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!