平成狸合戦ぽんぽこ|無料で動画フル視聴できる公式配信サイトを紹介【アニメ映画】

アニメ映画・劇場版
©1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、『平成狸合戦ぽんぽこ』のフル動画・見逃し配信動画を安心快適に無料視聴できるサイトをご紹介いたします。

『平成狸合戦ぽんぽこ』の動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『平成狸合戦ぽんぽこ』の動画は、TSUTAYA TV/DISCASなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

TSUTAYA TV/DISCASは初回登録するだけで、30日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、1,100円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

TSUTAYA TV/DISCASの概要と特徴

『TSUTAYA TV/DISCAS』とは、ネットで動画視聴ができる「TSUTAYA TV」とDVDの宅配レンタルができる「TSUTAYA DISCAS」の複合サービスのことです。

TSUTAYA TV/DISCASさえあれば、外出先でもスマホやノートPCで動画を楽しむこともできるし、自宅でゆっくりDVD動画を楽しむこともできます。

ジブリ作品や著作権などの諸事情により動画配信されていない作品でも、旧作なら無料でDVDをレンタルすることもできます!

しかも、DVDレンタルは、わざわざ借りるために外出しなくても、自宅まで届けてくれるのでとても便利です。

初回登録に限り30日間の無料お試し期間(+1,100円分のポイントプレゼント)が設けられているので、初めての方も安心。

無料お試し期間中でも、有料会員とほぼ同じサービスを利用できます。(新作DVDの宅配レンタルのみ有料会員限定)

無料お試し期間中に解約すれば、一切お金をかけずに動画を楽しむことができます!

  • 30日間の無料期間有り
  • 登録するだけで1,100ポイントがもらえる
  • 10,000作品以上の動画配信が見放題
  • CD/DVDが借り放題 ※旧作のみ
  • 家に居ながらCD/DVDレンタル可能
  • レンタルの返却は郵便ポストに投函するだけ
  • 無料期間後は月額2,417円(税別)  ※毎月1,100ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

簡単レンタル!楽チン返却!

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配サービス)では、レンタルしたい作品をリストに入れて置くだけで、最短翌日にはDVDが自宅に届きます。

見終わった後は、ポストに投函するだけで返却完了。とっても簡単で楽チンです。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

しかも、返送する際には、専用往復封筒を利用すれば、返送料金もかかりません。

毎日忙しくて借りに行く時間のない人や近くにレンタルショップがない地域の人にもすごく便利だよ。

送料無料も嬉しいね。

旧作DVDはすべて無料で借り放題!

TSUTAYA DISCASでは、旧作DVDがすべて借り放題です。

※無料お試し期間中、8枚目までなら準新作も借りることが可能です!(新作は有料会員のみ)

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

旧作でも、動画配信サービスでは有料だったり、そもそも配信されていない作品も多いから、そういう作品はDVDをレンタルしちゃうのが一番だよ。

ジブリもディズニーもジャニーズも。見たい作品がどんどん見つかるね!

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『平成狸合戦ぽんぽこ』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS ー/◎ 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『平成狸合戦ぽんぽこ』を無料動画共有サイトで検索

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

YouTube pandora.tv Dailymotion

『平成狸合戦ぽんぽこ』の作品紹介

「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」の高畑勲監督が、人間による自然破壊から自分たちの住処を守ろうと奮闘するタヌキたちの姿をユーモラスに描いたファミリー・アニメ。自然の恵み多き東京は多摩丘陵。そこに住むタヌキたちはのんびりとひそやかに暮していた。しかし、宅地造成による自然破壊によって、タヌキたちのエサ場が次第に少なくなっていた。自分たちの住処を守るため、タヌキたちは先祖伝来の“化け学”で人間たちに対抗することにするが……。

声優

正吉:野々村真

おキヨ:石田ゆり子

鶴亀和尚:柳家小さん (5代目)

おろく婆:清川虹子

権太:泉谷しげる

青左衛門:三木のり平

ぽん吉:林家こぶ平(林家正蔵 (9代目))

文太:村田雄浩

玉三郎:神谷明

佐助:林原めぐみ

六代目金長:桂米朝 (3代目)

太三朗禿狸:桂文枝 (5代目)

隠神刑部:芦屋雁之助

お玉:山下容莉枝

小春:黒田由美

花子:永衣志帆

お福:水原リン

林:加藤治

竜太郎:福澤朗

水木先生:藤本譲

スタッフ

監督・脚本・原作:高畑勲

製作:鈴木敏夫

ナレーター:三代目 古今亭志ん朝

企画:宮崎駿

音楽:紅龍、上々颱風ほか

制作会社:スタジオジブリ

作画監督:大塚伸治、賀川愛、河口俊夫

美術監督:男鹿和雄

音響監督:浦上靖夫

『平成狸合戦ぽんぽこ』の感想

30代女性
30代女性

小学生の頃、映画館で見ました。可愛い狸がたくさん出てきて、歌や踊り、変身したりと楽しかったです。自分たちも変身しようと真似してました。可愛く、愛らしい狸かと思えば、凶暴になったり、人間と動物のかかわり合いに悲しくなったりもしました。子供ながらに、自然の大切さを実感しました。少しでもと思いゴミ拾いなどもしました。現代社会と、自然動物の共存の大切さ、難しさがあの頃はあまりわからなかったのかもしれません。大人になった今でも、難しい事だと言うことは分かります。動物と人間の問題をニュースで見ると、どうしていいのかわかりません。自然が段々となくなっていく今、動物達も生きるのに必死なんだと思います。それは人間も同じよですよね。自分に出来ることを少しづつですが….子ども達には、綺麗な景色を見て欲しいと思います。そして、難しい問題ですが、人間と動物とが うまく暮らしていける自然環境を考えるのが大事だと思います。

30代女性
30代女性

たぬきたちが呑気なので、そんなに暗い話にはなってないけど、よく考えると結構きつい話だなと思います。たぬきたちは、工事の人間を殺しちゃってるし、人間に住む場所を奪われた動物たちも死んでいるし、すごく考えさせられます。でも、映画自体はおもしろいです。たぬきたちが妖怪大行進をして、人間たちにたぬきのことを思い出させようとがんばるところが好きです。この妖怪はこうやって化けてるのかとか楽しいです。それにそれが人間が作ったCGだと思われてしまうとかすごく切ないです。技術が進歩したのはうれしいことだけど、不思議を感じられなくなっていくってことでもあるから悲しいことでもありますね。本作ではたくさんの芸能人が声をしていますが、それもきちんとハマっていました。野々村真さんは野々村さんとは思わなかったし、こぶ平さんは、こぶ平さんってちゃんとわかるけど、たぬきとこぶ平さんってなんか合っています。最後にすごくいいセリフをいうのもこぶ平さんが声をしているたぬきです。やはり、噺家さんだけあって、観客に語りかける感じがうまいですね。平成が終わり、令和になって、平成と題名についている本作がますます味わい深い映画になったなと感じます。

20代女性
20代女性

多摩ニュータウン開発計画により、狸たちが住む山や森が破壊されていく中で、狸たちがそれに反対し反抗する話ですが、この映画を初めて見たときは小学生だった為、単純に「狸がかわいい」「たくさん変身しておもしろい」という感想しかもっていませんでした。しかし、大人になってこの作品を再び観たところ、子どもの頃には気が付かなかった、作品の本当の意味がわかり、とても深い話で驚きました。この作品にはたくさんの狸がでてきますが、まるで人間のようにひとりひとりが個性的で、この困難に立ち向かう方法もそれぞれ異なります。自分たちの住処を奪っていく人間に対して、とても偉い狸に協力してもらい知恵を出して戦ったり、体力勝負で立ち向かったり、まるで人間の世界をみているかのようでした。中には変身ができない狸もいますが、時には衝突しながらも狸みんなで協力して最後の最後まで頑張る姿は感動し、涙が出ました。私はよく多摩ニュータウンあたりを通るのですが、山の斜面を切り崩して建てられた家々を見る度に、この狸たちを思い出します。このお話はフィクションですが、実際に現実にいた狸たちもこういう想いをしていたのかなと考えます。いろいろ考えさせられる物語なので、狸のファンタジーアニメと思って敬遠せずに、是非大人たちに一度は観ていただきたいです。

20代男性
20代男性

昭和40年代の多摩ニュータウンとその周囲の自然を舞台に繰り広げられるタヌキたちの生命と闘いの物語。高畑勲監督の作品の中では、一番好きな作品です。物語は多摩ニュータウン開発予定地の近くの山に住むタヌキたちが、自然を守るために一致団結し、人間たちの工事や開発に化け学を駆使して立ち向かう姿を描いています。注目すべきは、タヌキたちが駆使する化け学の多彩な描写とそのアイデアの面白さです。劇中でタヌキたちは人間を怖がらせるためにあの手この手を使って化かしてきます。物語の中で、全国の有名な化けタヌキに力を借り、ある大作戦を実行展開するのですが、この作戦が本当にワクワクできるもので、大人になった今でも初めて観た時のあの感動は忘れることができません(実はほかのジブリ作品の登場キャラクターも一瞬出演しているそうです)。また、大人になって観た際には、演出の楽しい部分だけではなく、多くのシーンから、自然破壊や動物たちの無力感を感じ、深く考えさせられました。子どもでも大人でも楽しめる深い作品です。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新状況はTSUTAYA TV/DISCAS公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!