ハリポタ3作目 アズカバンの囚人|無料で動画フル視聴できる公式配信サイトを紹介【映画】

洋画

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、ハリポタ映画シリーズ3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のフル動画・見逃し配信動画を安心快適に無料視聴できるサイトをご紹介いたします。

『ハリポタ3作目 アズカバンの囚人』の動画を無料でフル視聴するには?

結論からお話しすると、『ハリポタ3作目 アズカバンの囚人』の動画は、TSUTAYA TV/DISCASなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

TSUTAYA TV/DISCASは初回登録するだけで、30日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、1,100円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

TSUTAYA TV/DISCASの概要と特徴

『TSUTAYA TV/DISCAS』とは、ネットで動画視聴ができる「TSUTAYA TV」とDVDの宅配レンタルができる「TSUTAYA DISCAS」の複合サービスのことです。

TSUTAYA TV/DISCASさえあれば、外出先でもスマホやノートPCで動画を楽しむこともできるし、自宅でゆっくりDVD動画を楽しむこともできます。

ジブリ作品や著作権などの諸事情により動画配信されていない作品でも、旧作DVDなら無料でレンタルすることもできます!

しかも、DVDレンタルは、わざわざ借りるために外出しなくても、自宅まで届けてくれるのでとても便利です。

初回登録に限り30日間の無料お試し期間(+1,100円分のポイントプレゼント)が設けられているので、初めての方も安心。

無料お試し期間中でも、有料会員とほぼ同じサービスを利用できます。(新作DVDの宅配レンタルのみ有料会員限定)

無料お試し期間中に解約すれば、一切お金をかけずに動画を楽しむことができます!

  • 30日間の無料期間有り
  • 登録するだけで1,100ポイントがもらえる
  • 10,000作品以上の動画配信が見放題
  • CD/DVDが借り放題 ※旧作のみ
  • 家に居ながらCD/DVDレンタル可能
  • レンタルの返却は郵便ポストに投函するだけ
  • 無料期間後は月額2,417円(税別)  ※毎月1,100ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

簡単レンタル!楽チン返却!

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配サービス)では、レンタルしたい作品をリストに入れて置くだけで、最短翌日にはDVDが自宅に届きます。

見終わった後は、ポストに投函するだけで返却完了。とっても簡単で楽チンです。

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

しかも、返送する際には、専用往復封筒を利用すれば、返送料金もかかりません。

毎日忙しくて借りに行く時間のない人や近くにレンタルショップがない地域の人にもすごく便利だよ。

送料無料も嬉しいね。

旧作DVDはすべて無料で借り放題!

TSUTAYA DISCASでは、旧作DVDがすべて借り放題です。

※無料お試し期間中、8枚目までなら準新作も借りることが可能です!(新作は有料会員のみ)

出典:TSUTAYA TV/DISCAS公式サイト

旧作でも、動画配信サービスでは有料だったり、そもそも配信されていない作品も多いから、そういう作品はDVDをレンタルしちゃうのが一番だよ。

ジブリもディズニーもジャニーズも。見たい作品がどんどん見つかるね!

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『ハリポタ3作目 アズカバンの囚人』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与
TSUTAYA TV/DISCAS ○/◎ 30日間+1100P付与

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。

TSUTAYA TV/DISCAS以外ではHuluがおすすめ!

もし以前に、TSUTAYA TV/DISCASの無料お試しを利用したことがある場合、再度、登録を行っても無料お試しが適用されません。

そんな方には、Huluがおすすめです。

Huluでは、初回登録で2週間の無料お試し期間が設けられていて、無料期間中は70,000本以上の動画が見放題で、追加料金なしで思いっきり楽しむことができます。

もちろん『ハリポタ3作目 アズカバンの囚人』だけでなく、ハリポタシリーズ作品全8作も無料で視聴することができます。

DVDレンタルではなく、スマホなどで動画配信を楽しみたい方はぜひHuluもご検討ください。

\2週間無料お試し/

※無料期間中に解約すれば0円。

『ハリポタ3作目 アズカバンの囚人』を無料動画共有サイトで検索

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

YouTube pandora.tv Dailymotion

『ハリポタ3作目 アズカバンの囚人』の作品紹介

J・K・ローリングの世界的ベストセラーを映画化したファンタジーシリーズ第3作。ホグワーツ魔法魔術学校の3年生になるハリー。人々の噂では、囚人シリウス・ブラックがアズカバン監獄を脱獄し、ハリーの命を狙っているという。ホグワーツにはブラックを捕縛するためという名目で、アズカバンの看守たち=人間の魂を吸い取る恐ろしい吸魂鬼ディメンターたちが配備される。「闇の魔術に対する防衛術」の新たな担当教授として就任したリーマス・ルーピンらの下で、学校生活を送るハリーは、やがてブラックがかつて父の親友であったこと、そして親友である父を裏切り闇の魔法使いの手下になったことを知るが……。監督は前2作のクリス・コロンバスから、「天国の口、終りの楽園。」のメキシコ人監督アルフォンソ・キュアロンにバトンタッチ。02年に他界し、前作が遺作となったリチャード・ハリスに代わり、マイケル・ガンボンがダンブルドア校長役を演じる。

キャスト

ハリー・ポッター:ダニエル・ラドクリフ(CV:小野賢章

ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント(CV:常盤祐貴

ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン(CV:須藤祐実

シリウス・ブラック:ゲイリー・オールドマン(CV:辻親八

リーマス・ルーピン:デイビッド・シューリス(CV:郷田ほづみ

ピーター・ペティグリュー:ティモシー・スポール(CV:茶風林

アルバス・ダンブルドア:マイケル・ガンボン(CV:永井一郎

セブルス・スネイプ:アラン・リックマン(CV:土師孝也

ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス(CV:谷育子

ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン(CV:斎藤志郎

シビル・トレローニー:エマ・トンプソン(CV:幸田直子

アーガス・フィルチ:デイビッド・ブラッドリー(CV:青野武

ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン(CV:三枝享祐

ネビル・ロングボトム:マシュー・ルイス(CV:上野容

フレッド・ウィーズリー:ジェームズ・フェルプス(CV:尾崎光洋

ジョージ・ウィーズリー:オリバー・フェルプス(CV:尾崎光洋

バーノン・ダーズリー:リチャード・グリフィス(CV:楠見尚己

老人の肖像画:フレディ・デイビス(CV:楠見尚己

ペチュニア・ダーズリー:フィオナ・ショウ(CV:さとうあい

ダドリー・ダーズリー:ハリー・メリング(CV:忍足航己

マージョリー・ダーズリー:パム・フェリス(CV:磯辺万沙子

モリー・ウィーズリー:ジュリー・ウォルターズ(CV:一龍斎貞友

アーサー・ウィーズリー:マーク・ウィリアムズ(CV:梅津秀行

ジニー・ウィーズリー:ボニー・ライト(CV:高野朱華

シェーマス・フィネガン:デヴォン・マーレイ(CV:渡辺悠

ディーン・トーマス:アルフレッド・イーノック(CV:山本隆平

パーシー・ウィーズリー:クリス・ランキン(CV:宮野真守

コーネリウス・ファッジ:ロバート・ハーディ(CV:篠原大作

スタン・シャンパイク:リー・イングルビー(CV:岸尾だいすけ

マダム・ロスメルタ:ジュリー・クリスティ(CV:弥永和子

シュランケン・ヘッドの声:レニー・ヘンリー(CV:落合弘治

漏れ鍋の掃除婦:アビー・フォード(CV:小飯塚貴世江

スタッフ

監督:アルフォンソ・キュアロン

脚本:スティーヴ・クローヴス

原作:J・K・ローリング

製作:デヴィッド・ハイマン、クリス・コロンバス、マーク・ラドクリフ

製作総指揮:マイケル・バーナサン、カラム・マクドゥガル、ターニャ・セガーチェン

音楽:ジョン・ウィリアムズ

撮影:マイケル・セレシン

編集:スティーヴン・ワイズバーグ

製作会社:ワーナー・ブラザース、ヘイデイ・フィルムズ、1492ピクチャーズ

『ハリポタ3作目 アズカバンの囚人』のあらすじ

揃ってホグワーツ魔法学校の3年生になったハリー・ポッターとロン、ハーマイオニーの親友3人組。進級早々ハリーは、人間の世界で誤って魔法を使ってしまい退学の危機に直面する。ところが、さらなる危険がハリーに襲い掛かる。ヴォルデモートの手下である凶悪犯シリウス・ブラックが、脱出不可能と言われる牢獄アズカバンから脱走し、ハリーを探し回っているというのだ。どうやら、ブラックはハリーの両親の死と関係があるらしい。そしてホグワーツには、危険な脱獄囚から生徒を守るため吸魂鬼ディメンターたちがやって来るのだったが…。

『ハリポタ3作目 アズカバンの囚人』の感想

20代女性
20代女性

わたしが中学生にあがったころアズカバンの囚人が公開されました。両親と映画公開同時に朝早くから列に並び上映を待っていた幼い記憶が残っています。アズカバンの囚人はハリーポッターシリーズの中でも特にお気に入りのシリーズで、特徴的なのは全2作とは違った話の展開です。魔法界の中ではシリウスブラックの脱獄が噂され、みんなが恐怖に怯えているころ、ハリーもまたその1人でしたが、仲間と共に勇敢に立ち向かう姿は、いつも勇気をもらいます!そして最後まで観るとわかる素敵で意外な展開に心引きこまれます!また、新しい魔法占術の先生や、森の番人ハグリッドによる授業など楽しく、摩訶不思議な世界に、いっそうわくわくします!今までのシリーズでは観たことのない、忍びの地図や、ハリーの親友ハーマイオニーによる、逆転時計をつかった話の展開は何度見ても目を離せません。こういった新しく今まで考えつかない面白い道具がシリーズを重ねるごとに登場するので、いまのはなんだったのだろう、とわくわく刺激をたくさんもらってしまいます!なによりも少しずつ成長していくハリー、ロン、ハーマイオニーの様子を見守り続けるのは楽しく、友達を助け合う姿は勇敢でさらに頼もしくなっていき、観ているわたしの方まで一緒に冒険している気持ちになります!アズカバンの囚人を観ると、前作よりもはるかに心暖まる気持ちにさせられますので全作品のなかで1番おすすめの作品です!

30代女性
30代女性

原作を読んだときから、アズカバン、魂を吸うような吸血鬼みたいのが看守の牢獄って怖すぎと思っていましたが、本作も、1、2に比べて怖い感じ、重たい感じに仕上がってます。ストーリーも原作もちょっと違っていて、それはどうなのとも思いますが、長い原作ですからいろいろ変えないと難しかったんだろうなと思います。でもキャラクターは原作通りでした。ルービン先生もシリウス・ブラックも原作のイメージ通りでかっこよかったです。スネイプ先生はじめ、、ハリーの父親世代はかっこよすぎですね。ハリー・ポッターシリーズは役者もイギリス人にこだわって集めていますが、こうしてみると英国紳士の言葉の意味がわかります。なんかいろんな人がいますが、全員どこか品があるというか紳士って感じです。ハリーたち子どもも大人になってきて、1,2とは雰囲気が変わってきました。マルフォイなどすごく不良っぽいです。いままで、かわいいなって感じだったので、びっくりです。でもいいふうに大人になってきていると思います。また、今回は、ハリーが、自分の親の死に関わっていると言われている囚人の存在に憤りを感じたり、自分の過去にとらわれている感じが出ていました。ハリーはただのかっこいいヒーローじゃなくて、そういう闇があり、思春期っぽい怒りっぽさもあるところが好きです。また、ハーマイオニーが、人より多くの授業を受けているその方法も好きな設定です。原作と違うところもありましたが、これはこれで面白かったと思います。

20代女性
20代女性

今までの伝統的なクラシック感と打って変わって、ぐっと大人っぽい雰囲気になっています。ハリー達も髪型をラフにして、制服を着くずしていたりと現実の生徒らしさが増していてかっこいいです。特に私服は賢者の石や秘密の部屋よりずっと洗練されていました。ハリーのえんじ色のパーカーも好きですが、ハーマイオニーがピンクのパーカーにデニムを履いているのには、公開当時とても驚きました。あの頃は小学生でしたが、ハーマイオニーが大人っぽくかっこよくなっている!と友人たちと大騒ぎしたのが今でも懐かしいです。物語も、前作のようなファンタジックな世界観から、少しずつ大人へとシフトしていると感じました。あの幼かったハリーは、ダーズリー家に反抗したりと、自己主張をするように!自らの過去のトラウマから、闇の魔法生物の吸魂鬼に悩まされたりと、今までとは少し異なった形の苦悩を抱えます。新たな闇の魔術の防衛術の先生を心から尊敬し、自ら吸魂鬼に対抗する術を先生から習いたいと教わるなど、成長が垣間見えます。ロンとハーマイオニーもぐっと大人になっていて、特にハーマイオニーは、今までの彼女から想像もつかない行動に出た時にはとても驚きました。大人の階段を上り始めたハリー達の物語は、謎を含みながら心温まる成長譚でした。

20代女性
20代女性

ハリーポッターシリーズの中で、「最も嫌いで最も好き」という、自分でも不可解な感情を抱いてしまう作品です。でも、何度も観ます。これまでに20回以上は観ました。なぜ嫌いだと感じてしまうかというと、時を戻す時計が羨ましいからです(笑)。あれが欲しいんです。そして、タイムスリップ系は矛盾していないかどうかをめちゃくちゃ考え込んでしまうという質でもあります。どこかで矛盾しているような気がするのですが、それを言葉にできないもどかしさがあります。でもそれもいいところなのかなと感じています。全ての魅力を語り尽くせるなら、この作品はここまでヒットしないような気がするのです。そして何よりも、大好きなシリウスが一番登場する作品ということで、これはもうめちゃくちゃ好きです。はじめは誤解されていたシリウスが、だんだんハリーの名付け親としてハリーが心を開いていく過程は何度観ても感動します。そして時計の巻き戻しによって全ての命が助かるというところがとても好きです。本当は失われるはずでなかった命、失われるような悪いことをしていない命…そういったものが救われるのを見ていると、自分自身もとても救われるような気がしてしまいます。はじまりは怖いですが、終わりは一番穏やかな作品だと思っています。

30代女性
30代女性

3作目からは監督が変わって今までより暗い感じになっています。また、1.2作が比較的原作に忠実だったけど、3は原作と違うものでした。でも、こちらはこちらでおもしろいです。キーパーソンのシリウス・ブラックはほんとに怖い顔をしていて、やばい奴なんじゃないかと思えましたし、新先生のルービン先生はすごく雰囲気のある人で優しく強くて、こりゃあ、生徒から人気が出るなと思いました。今回はハリーたちも大人になって、いろいろ悩んでいて、ああ思春期は大変だなって感じがしました。ハリーも、父親たちのことで悩みがつきませんね。自分の親の死に関わってるかもって人が出てきたらそりゃあ動揺しますよね。ルービン先生も昔の友達が闇に落ちてしまっているのかもと思うと辛いし、昔のことを話してる時の表情が良かったです。その後、シリウスとルービンが再会するところもよくて、結局、本作では子どもたちより大人チームにしてやられたって感じでした。大人チームの中で私が一番好きなスネイプ先生についても、ハリーたちが狼男に襲われそうになったときに庇うという激アツシーンがあるし、大人チームが好きな人には嬉しい映画だったのではないでしょうか。もちろん、子どもたちもすごくよかったです。最後の方ではロンがあまり目立たないという欠点はありますが、1.2に続き、おもしろい映画でした。

30代女性
30代女性

映画冒頭からハリー役のダニエル君の成長に驚きました。あどけなさがなくなり、青年へと成長していく途中の儚い雰囲気が作中のハリーのどうしようもない苛立ちや戸惑いをより一層引き立てていました。前2作と異なりダークな映像でドキドキしました。序盤のダーズリー一家とのやり取りにハラハラし、中盤までの学校生活を自身も生徒になったような気持ちになり、終盤での怒涛の展開に驚きました。本作ではヴォルデモート卿以上にシリウスが悪として描かれている為、シリーズの中では珍しい作品にあたると思います。初めて聞く名前に今後どうなっていくのか?どんな相手なのか?どう対峙するのか?気持ちが前のめりになりながら見ていました。好きなシーンはたくさんありますが、一番のお気に入りはハグリットの授業です。ヒッポグリフが美しい!私も挨拶をして乗ってみたい!CMで見た時からワクワクしたシーンです。また、ホグズミード村でのハリーのいたずらシーンも好きです。見た目は大人に近づいているのにやることが小さな子どもみたいで可愛かったです。それを見て笑っているロンとハーマイオニーも演技ではなく本当に楽しんでいるように見えて微笑ましくなりました。友情とは何なのか、どうすることが正解なのかを深く考えさせられました。

40代女性
40代女性

ハリーポッターシリーズは全部観ていますが、アズカバンの囚人もすごくいいです!なにより、私はシリウスブラックファンなので。3作目となり、かわいかったハリーが少し大人になり、魔法という未知の世界がどういう世界なのか、自分が何者なのか、どんな存在なのか、少し分かってきて、様々な葛藤や人間関係にも変化が現れ始めます。現実世界でずっと孤独だったハリー、魔法の世界に導かれ、信頼できる大人や友達を得て、苦難を乗り越え、絆がより深まったはずだった。仲間たちも共に大人になり、それが少し関係を変え、魔法界でのハリーの存在、世間からの認識がどういうものか、信頼していた仲間たちとのすれ違いなど、また孤独が忍び寄ってくるのですが‥。前の2作は本当に不幸な生い立ちの子どもが主人公の子どもたちの冒険ファンタジーでドキドキワクワク、友情や信頼が深まる観ていて気持ちいい王道ストーリー。それに比べると少し暗い影が落ちてき始める印象なのですが、題材も主人公の年齢とともに大人になったように感じます。登場人物のそれぞれに対して、わかる、わかる、その思いや葛藤!と多くの人が通ってきた青春時代の乗り越えるべき壁、形は違えども理解出来るものでどの登場人物にも共感してしまいます。大人へなるための通過儀礼でしょうか。
また更に強い絆と信頼、新たな絆と信頼を得て、また新たなステップへと進もうとするあきらめずに未来へ進むどんどん大人への道を進むハリーの姿を応援したくなる作品です。

40代女性
40代女性

ハリーの名付け親が登場するので、ハリーの過去を少しだけ知ることができます。両親が殺害された事件の真相も分かってくるので、全く分からなかった両親のことを知るストーリー展開でもあります。同時にハーマイオニーと協力をして一緒に問題を解決するということがあるので、2人の距離も何となく近づいたのかな、と思いました。魔法世界の中でもアズカバンという監獄はかなり怖いところで囚人たちも脱獄なんてできないと思われていましたが、ハリーの名付け親で両親、特に父親のジェームズと仲が良かったシリウスブラックが脱獄をしたことから物語がスタートします。シリウスブラックって最初は怖い人、極悪人、ハリーの両親を死に追いやった張本人だと思われてしまいますが、実は何者かによって陥れられたということが分かって、そのことをハリーもハーマイオニーも知ることになります。真実を知っていて欲しい人が分かっていてくれるといのは、それだけでも喜びに繋がりますし、安心にもつながるんじゃないかなと思いました。シリウスブラック、ホグワーツの教授のリーマスルーピンが父親の友人だったというだけでもハリーには嬉しいことだったんじゃないかなと思います。

30代女性
30代女性

ハリー・ポッターシリーズの第3作目となる「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では、ハリー達の成長が楽しい映画です。まず、ハリー、ロン、ハーマイオニーの三人が成長した姿に驚きます。新入生の初々しさははるか昔、もうすっかりホグワーツ魔法学校の生徒です。上級生の仲間入りとして、今までは行けなかったところにも行けるようになります。まさしく、成長したなと感じる所です。そして話の内容も前作、前々作とは一味違い、シリアスな要素が多くなっています。今まで多くは語られなかったハリーの両親。その死の真相にぐっと近づくのでハラハラがとまりません。そのキーパーソンとなるのが、タイトルでもある「アズカバンの囚人」です。アズカバンの囚人とシリウス・ブラックという謎の人物を巡ってハリー達は今回も冒険を繰り広げます。見どころは、吸魂鬼です。幽霊のような風貌はスクリーンに現れるだけでヒヤリと恐ろしい印象を与えます。今まで楽しいこと、びっくりすることばかりだった魔法の世界ですが、彼らの存在が魔法の世界は良い事ばかりではないことを表している、そんな印象を与えます。そんな吸魂鬼に対抗するために、ハリーはさらに強くなります。今までは可愛い、という印象でしたが、ここからハリー達はカッコよくなります。

\今すぐ30日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新状況はTSUTAYA TV/DISCAS公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!