銀河英雄伝説DNT星乱2期|見逃し動画を無料フル視聴できる公式配信サイトを紹介【TVアニメ】

TVアニメ
©田中芳樹/松竹・Production I.G

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 2期』の見逃し配信動画を安心快適に無料フル視聴できるサイトをご紹介いたします。

『銀河英雄伝説DNT星乱2期』の見逃し配信動画を無料でフル視聴するには?

©田中芳樹/松竹・Production I.G

結論からお話しすると、『銀河英雄伝説DNT星乱2期』の見逃し配信動画は、U-NEXTなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

U-NEXTは初回登録するだけで、31日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、600円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『銀河英雄伝説DNT星乱2期』を
無料動画共有サイトで検索

YouTube

pandora.tv

Dailymotion

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

『銀河英雄伝説DNT星乱2期』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。

U-NEXTはポイントももらえるし無料期間も長いし、お得感満載!music.jpもたくさんポイントがもらえて嬉しいけど、動画はどれも費用(ポイント)が必要だから、ポイントを使い切った後でも見放題作品をたくさん楽しめるU-NEXTがおすすめだよ。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

U-NEXTの概要と特徴

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 190,000本以上の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は19万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

出典:U-NEXT公式ブログ

出典:U-NEXT公式ブログ

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

U-NEXTは、4つのジャンルで1位を獲ってるんだよ!

他社よりもたくさんの作品が楽しめるってことだね!

『銀河英雄伝説DNT星乱2期』を見終わった後でも、数多くの作品が視聴可能ですので、気になっていた作品やもう一度見たかった作品を、ぜひこの機会に楽しんでみてはいかがでしょうか。

家族みんなで動画や漫画をシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを持つことができるので、家族みんなで楽しむことができます。

お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、それぞれ独立したアカウントで自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画や漫画などをお得にシェアすることができます。

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるから、安心だよ。

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホやタブレットにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学の移動中、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、データ量を心配することなく、待ち時間やスキマ時間を有意義に使うことができます!

動画のデータ量って結構気になるから、これは嬉しいね!

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『銀河英雄伝説DNT星乱2期』の作品紹介

帝国と同盟を揺るがす動乱の幕開け。『銀英伝DNT』待望のセカンドシーズン

見どころ

銀河帝国と自由惑星同盟、それぞれの国で勃発する内乱により二国間の戦いと運命が大きく変わっていく様子は、予想外の展開の連続。人間模様の移り変わりも濃密に描かれる。

ストーリー

宇宙暦796年。帝国軍との交戦により甚大な被害を受けた同盟軍は残存戦力をアムリッツァ星域に結集。帝国軍はそこへ進攻し、”アムリッツァ星域会戦”が幕を開けた。その翌年、帝国と同盟それぞれの国で内乱が発生し、両国の運命を大きく変えていく。

キャスト

ラインハルト・フォン・ローエングラム:宮野真守

ヤン・ウェンリー:鈴村健一

ジークフリード・キルヒアイス:梅原裕一郎

ユリアン・ミンツ:梶裕貴

パウル・フォン・オーベルシュタイン:諏訪部順一

ウォルフガング・ミッターマイヤー:小野大輔

オスカー・フォン・ロイエンタール:中村悠一

アレックス・キャゼルヌ:川島得愛

フレデリカ・グリーンヒル:遠藤綾

ワルター・フォン・シェーンコップ:三木眞一郎

スタッフ

監督:多田俊介

原作:田中芳樹

アニメーション制作:Production I.G

キャラクターデザイン:菊地洋子、寺岡巌、津島桂

音楽:橋本しん

総作画監督:後藤隆幸、菊地洋子

『銀河英雄伝説DNT星乱2期』と併せて観たい作品紹介

U-NEXTでは、『銀河英雄伝説DNT星乱2期』関連作品も数多く配信されています。

銀河英雄伝説シリーズ作品

  • 銀河英雄伝説 外伝 わが征くは星の大海
  • 銀河英雄伝説 外伝 黄金の翼
  • 銀河英雄伝説 外伝 千億の星、千億の光
  • 銀河英雄伝説 外伝 螺旋迷宮
  • 銀河英雄伝説 外伝 わが征くは星の大海
  • 銀河英雄伝説 外伝 第三次ティアマト会戦

宮野真守声優作品

  • 富豪刑事 Balance:UNLIMITED
  • STEINS;GATE
  • 東京喰種トーキョーグール
  • 七つの大罪 神々の逆鱗
  • 文豪ストレイドッグス

多田俊介監督作品

  • 黒子のバスケ 第1期
  • テニスの王子様 全国大会篇
  • スタミュ
  • 劇場版“文学少女”

まだまだ紹介しきれないくらいたくさん配信されているから、気になる作品があれば、U-NEXT公式サイトで確認してみてね!

『銀河英雄伝説DNT星乱2期』のあらすじ

第13話「アムリッツア」

3000万人を動員し、帝国領への大規模進攻を実行した自由惑星同盟軍だったが、ラインハルト率いる銀河帝国軍の反転攻勢により三個宇宙艦隊が壊滅。ヤン率いる第十三艦隊は、九割の戦力を維持していたものの、各艦隊は深刻な損害を被っていた。しかし、総司令官ロボスは、残る戦力のすべてをアムリッツァ星系へ集結させての決戦を命じ、ラインハルトもアムリッツァ星系に全艦隊を集結。再び、両軍の戦いの火ぶたが切られようとしていた。

第14話「皇帝崩御」

銀河帝国皇帝フリードリヒ四世が後継者を指名しないまま、心臓発作で急死した。亡き皇太子の息子で、唯一の直系の嫡子であるエルウィン・ヨーゼフは、まだ5歳。皇帝の娘を娶ったブラウンシュヴァイク、リッテンハイム両家は、それぞれが自らの娘を女帝の地位に就かせようと画策。皇帝の三人の孫の後見人による帝位継承権争いが静かに始まった。どの派閥にも属していないラインハルトにも、その武力を求めて、ある勢力が近づいてくる。

第15話「嵐の前」

自由惑星同盟軍がイゼルローン要塞を攻略した際、捕虜にした銀河帝国軍兵。銀河帝国軍がアムリッツァ会戦で捕虜にした自由惑星同盟軍兵。双方200万人ずつの捕虜がイゼルローン要塞で交換されることとなった。同盟側の代表は、イゼルローン要塞司令官のヤン。帝国側の代表は、捕虜交換の提案者ラインハルトの名代であるキルヒアイス。戦場で知略を競ったこともある二人の用兵家は、捕虜交換の式典で初めて相見みえることとなった。

第16話「発火点」

幼帝エルウィンの後見人となったラインハルトとリヒテンラーデに対する、ブラウンシュヴァイク、リッテンハイムを中心とした門閥貴族たちの反感は、募るばかり。そんな中、マリーンドルフ伯爵の一人娘ヒルダは、オーディンの元帥府を訪ねて、ラインハルトとの面会を実現。突然の訪問の意図を訪ねられると、明日にも起きるであろう内戦に際して、マリーンドルフ家はラインハルトの味方になる、と告げるのだった。

第17話「ヤン艦隊出動」

自由惑星同盟領の4つの辺境惑星で次々と武力叛乱が発生。統合作戦本部長代行に就任したばかりのドーソン大将は、イゼルローン駐留艦隊を率いるヤンに、すべての叛乱の鎮定を命じた。しかし、ヤン艦隊が出撃するよりも早く、首都ハイネセンでクーデター勃発との報が届く。ヤンは、一連の事態はラインハルトの企てが招いたものだと見抜き、クーデターも予測していたが、その首謀者は思いもよらない人物だった。

第18話「流血の宇宙」

帝都オーディンを脱出したリップシュタット貴族連合は、ガイエスブルク要塞を拠点と定め、帝国軍最高司令官ラインハルトの艦隊も、対立する「賊軍」を討つべくオーディンを発った。貴族連合の艦隊総司令官メルカッツは要塞で迎え撃つべきと主張したが、先んじて武勲を立てたいシュターデンとヒルデスハイムの艦隊が出撃。ラインハルトもミッターマイヤーに出撃を命じ、後に「リップシュタット戦役」と称される内乱が幕を開ける。

第19話「ドーリア星域の会戦」

救国軍事会議に制圧されたハイネセンを解放するべくイゼルローン要塞を出発したヤン艦隊は、兵站の拠点確保のため、まずは武力叛乱の起きた辺境惑星シャンプールへ向かった。駐留艦隊を持たないシャンプール叛乱軍との戦いは、シェーンコップが率いる陸戦隊の独壇場となり、わずか3日で叛乱軍を鎮圧。市民からも熱烈な歓迎を受けた。そんな中、ハイネセンから脱出してきたという情報部のバグダッシュ中佐がヤンとの面会を求めてくる。

第20話「惨劇」

レンテンブルク要塞を陥落させたラインハルトは、リップシュタット貴族連合の拠点、ガイエスブルク要塞に向けて進軍。別働隊を率いるキルヒアイスには、貴族連合の副盟主リッテンハイムの討伐を命じた。リッテンハイムは、盟主ブラウンシュバイクとの立場を逆転するため、キルヒアイスを倒して武勲を立てようと考えたのだ。戦闘が始まると、猛攻を続けるリッテンハイム艦隊に対し、キルヒアイス艦隊は防御に徹していたが……。

第21話「誰がための勝利」

ルグランジュをドーリア星域で破ったヤン艦隊は救国軍事会議に支配された首都星ハイネセンへと迫る。救国軍事会議議長グリーンヒルは厳しい状況を理解しながらも、ヤン艦隊はハイネセンの重力圏内へ突入することはできないと考えていた。ハイネセン軌道上には12個の首都星防衛システム[アルテミスの首飾り]が存在するからだ。しかし、ヤンには、[アルテミスの首飾り]を無効化する作戦があった…。

第22話「黄金樹は倒れた」

辺境星域の平定を終えたキルヒアイスは、ラインハルトと久々に再会する。彼はラインハルトにヴェスターラントへの核攻撃の計画を事前に知りながら、住民を見殺しにしたという噂の真偽を問いただす。貴族連合との最終決戦を前に、二人の関係にこれまでにない変化が生じようとしていた。一方ガイエスブルク要塞に立て籠るリップシュタット貴族連合軍は、ラインハルト艦隊との最後の決戦に挑むべく全艦をあげて出撃するのであった。

第23話「さらば、遠き日」

リップシュタット貴族連合との戦いは決着をむかえ、ガイエスブルク要塞、盟主の間では戦勝式と捕虜の引見が行われていた。これまではラインハルトへの謁見にも銃の携帯を許可されていたキルヒアイスであったが、この日初めて衛兵にそれを止められる。引見を進めていくなか、ラインハルトの前にブラウンシュバイクの腹心アンスバッハが、主君の遺体を納めた棺とともに現れ…。

第24話「わが友」

クーデターが終結し解放されたハイネセンで平和式典が開催。クーデター中、地球教の信者に匿われていたトリューニヒト最高評議会議長は、巧みな演説で会場に集まった民衆を熱狂させる。民衆の前で、トリューニヒトとの握手を強いられて不機嫌なヤンは、自らの脳裏に宿ったある考えに戦慄する。そんな中、銀河帝国軍の名将メルカッツがヤンを頼って亡命してきたという驚きの報告が届く。

『銀河英雄伝説DNT星乱2期』の感想

40代男性
40代男性

本作品は『銀河英雄伝説 Die Neue These』の続編というだけあり、かなり変化があったように感じます。以前はダブル主人公(銀河帝国軍のラインハルトと自由惑星同盟軍のヤン・ウェンリー)の紹介的な部分が多かったと思います。まあその分だけストーリー進行が大きく遅れたという感じですかね。でも本作はもうそういうのは終わっているわけですからね。特に大きな変化があったのはラインハルトでしょう。姉・アンネローゼを助けるべく立身出世を頑張っていましたけど、とうとう銀河帝国をその手中に収めました。門閥貴族達を一網打尽にし、さらにラインハルト側についていた宰相も粛清。悲願も達成しました。その際に朋友を失ってしまうというアクシデントはあったものの、目的はほぼ達成したといっても過言ではないでしょう。逆にヤンの方はダメダメですね。ラインハルトの策略によって自由惑星同盟でクーデターが起きましたし、内部抗争をしていただけ。ヤンの活躍でクーデターは鎮圧されましたけど、結局は同士討ちで国力を消耗しただけでした。銀河帝国へ侵攻した際の大敗戦をしていましたし、これで国力は著しく低下。活躍したといっても軍事すべてを握れたわけでもありませんし、相変わらず権力はありません。まあヤンがそのように望んでいないからなんですけどね。ただこれでラインハルトに遅れをとったのもの事実。ヤンがどうやって挽回するか?ラインハルトはどう攻めるのか?と色々妄想させられますし、面白かったです。

 

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!