あひるの空|見逃し動画を無料フル視聴できる公式配信サイトを紹介【TVアニメ】

TVアニメ
©日向武史・講談社/「あひるの空」製作委員会・テレビ東京

当サイトにお越しいただきありがとうございます。
このページでは、『あひるの空』の見逃し配信動画を安心快適に無料フル視聴できるサイトをご紹介いたします。

『あひるの空』の見逃し配信動画を無料でフル視聴するには?

©日向武史・講談社/「あひるの空」製作委員会・テレビ東京

結論からお話しすると、『あひるの空』の見逃し配信動画は、U-NEXTなら追加料金なしで無料でフル視聴することができます。

U-NEXTは初回登録するだけで、31日間も無料でサービスを利用することができるよ。さらに、600円分のポイントまでもらえちゃうから、最新の有料作品も実質タダで見られるよ。

無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないよ。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

U-NEXTの概要と特徴

U-NEXTは、2007年にサービスを開始した日本の動画配信サービスのパイオニアであり、純国産サービスとしてはシェアNo.1!

老舗だからこその安心感と、あらゆるジャンルを網羅した豊富なコンテンツにより、安心安全にいつでも最高の時間を楽しむことができます。

  • 31日間の無料キャンペーン有り
  • 登録するだけで600ポイントがもらえる
  • 190,000本以上の動画が見放題
  • 80誌以上の雑誌も読み放題
  • 電子書籍数は57万冊以上
  • 動画をスマホにダウンロードして、オフラインで視聴可能
  • 1登録で4アカウント作成可能 ※4人同時視聴もできる
  • 無料期間後は月額1,990円(税別)  ※毎月1,200ポイントがもらえます
  • 解約がとても簡単

圧倒的な見放題作品数!

U-NEXTでは、追加料金なしで見ることができる見放題作品数は19万本以上あり、他社と比べるとその数は群を抜いてます。

出典:U-NEXT公式ブログ

出典:U-NEXT公式ブログ

※もっとも作品数の多いサービスを「100」とした値。2020年3月度集計。

U-NEXTは、4つのジャンルで1位を獲ってるんだよ!

他社よりもたくさんの作品が楽しめるってことだね!

『あひるの空』を見終わった後でも、数多くの作品が視聴可能ですので、気になっていた作品やもう一度見たかった作品を、ぜひこの機会に楽しんでみてはいかがでしょうか。

家族みんなで動画や漫画をシェア!

U-NEXTの「ファミリーアカウントサービス」では、たった1人が登録するだけで、追加料金なしで最大4つのアカウントを持つことができるので、家族みんなで楽しむことができます。

お父さんは映画、お母さんはドラマ、お兄ちゃんは漫画、お姉ちゃんはアニメ、といったように、それぞれ独立したアカウントで自分の好きな作品だけをお気に入り登録して楽しむことができます。

最新作などの有料作品は、いずれか1つのアカウントが購入すれば、すべてのアカウントで視聴できるようになるので、動画や漫画などをお得にシェアすることができます。

購入制限やR指定作品の視聴制限、セキュリティ設定もできるから、安心だよ。

便利なダウンロード機能!

U-NEXTは、ブラウザ版だけでなく、アプリ版も用意されています。

アプリを使えば、お気に入りの動画をスマホやタブレットにダウンロードできます。
(※ダウンロードできない作品もあります。)

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、通勤や通学の移動中、外出先など、ネットにつながなくても動画を楽しむことができるので、データ量を心配することなく、待ち時間やスキマ時間を有意義に使うことができます!

動画のデータ量って結構気になるから、これは嬉しいね!

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『あひるの空』の各動画配信サービスの配信状況

◎:見放題

○:ポイント利用で無料視聴可

△:課金必要

ー:配信なし

動画配信サービス 配信状況 無料期間と特典
U-NEXT 31日間+600P付与
FODプレミアム 2週間+最大900P付与
Hulu 2週間
Paravi 2週間
TELASA 30日間+550P付与
dTV 31日間
dアニメストア 31日間
music.jp 30日間+1600P付与

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。

U-NEXTはポイントももらえるし無料期間も長いし、お得感満載!music.jpもたくさんポイントがもらえて嬉しいけど、動画はどれも費用(ポイント)が必要だから、ポイントを使い切った後でも見放題作品をたくさん楽しめるU-NEXTがおすすめだよ。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

『あひるの空』を無料動画共有サイトで検索

無料動画共有サイトへの公式動画の無断アップロードは違法行為です。低画質であったり、邪魔な広告が表示されたり、スマホやパソコンがウイルスに感染する危険性もあります。これらのサイトでの視聴には十分ご注意ください。

YouTube pandora.tv Dailymotion

『あひるの空』の作品紹介

バスケットボールに打ち込む高校生たちの、瑞々しくリアルな姿を描く青春ドラマ

見どころ

原作は日向武史の大人気漫画。バスケ描写も見どころだが、人間模様にこそ注目を。バスケを通じて深まる絆や、仲間と共に困難を乗り越えながら成長していく姿に泣ける。

ストーリー

小柄な体格の車谷空は、身長を理由にバスケ部でスタメンに選ばれることがなかった。高校バスケ部に期待を寄せる空だったが、入学した九頭竜高校バスケ部はほとんど活動休止状態。しかし空のバスケにかける熱は、部員たちの心を次第に動かしていく。

キャスト

車谷空:梶裕貴

花園百春:内田雄馬

花園千秋:小西克幸

夏目健二:谷山紀章

茂吉要:宮野真守

安原真一:八代拓

鍋島竜平:堀井茶渡

茶木正広:KENN

薮内円:千本木彩花

七尾奈緒:谷口夢奈

スタッフ

監督:玉木慎吾

原作:日向武史

キャラクターデザイン:本多美乃

音楽:堤博明

総監督:草川啓造

『あひるの空』と併せて観たい作品紹介

U-NEXTでは、『あひるの空』関連作品も数多く配信されています。

梶裕貴声優作品

  • 鬼滅の刃
  • 進撃の巨人
  • 僕のヒーローアカデミア
  • 天気の子
  • 七つの大罪

内田雄馬声優作品

  • フルーツバスケット 1st season
  • 東京喰種トーキョーグール:re
  • 血界戦線
  • 地縛少年花子くん

まだまだ紹介しきれないくらいたくさん配信されているから、気になる作品があれば、U-NEXT公式サイトで確認してみてね!

『あひるの空』のあらすじ

第1話「みにくいあひるの子」

約149cmの小柄な身長ながら、バスケットボールが大好きな車谷空は、入学したばかりの九頭龍高校でバスケ部に入ろうと張り切っていた。体育館で練習をしていると、そこにいかにもガラの悪そうな生徒が現れる。

第2話「才能のない少年達」

空と百春たちの入部を懸けたバスケ勝負が始まった。男子バスケ部の百春、安原、茶木、鍋島に、千秋の代理として女子バスケ部の円を加えた5対1の勝負。圧倒的不利な状況にも関わらず、空はスキルを見せつける。

第3話「百春の翼」

晴れてクズ高バスケ部に入部した空は、先に部室に来ていた千秋に連れられて校舎裏のバスケットゴールに向かう。すると、そこにはシュート練習をする百春の姿があった。彼のシュートは全く入らないが…。

第4話「初めての飛翔」

丸高の不良たちが百春たちに恥をかかせようと画策し、クズ高と丸高のバスケ部同士による練習試合が行われることに。千秋以外の4人も試合に出ることになり、初めて5対5の試合ができると空は張り切る。

第5話「折れた翼」

試合開始早々に秘策を繰り出した百春と空。千葉がその快進撃に対する策を考える一方、常盤は空のプレイを見て本人さえも自覚していない弱点を発見する。徹底的に弱点を突かれ、空のシュートは全く入らなくなり…。

第6話「今しかねえ」

疲労が限界を超えているなか、空は母から教わった両手打ちのシュートを決めてチームの空気を変える。その点差は絶望的だが必死に戦うクズ高。試合を見ていた千秋は、その状況に背を向けて立ち去っていく。

第7話「迷惑な一年坊」

丸高との試合は圧倒的な点差で敗北したものの、互いの健闘を称えあう試合となった。疲れて眠ってしまった空を自宅に送り届けた円は、空の祖母から彼が入院している母・由夏を追って神奈川にやってきたと聞かされる。

第8話「アヒルとトビ」

問題を起こせば即廃部という条件で顧問を付けてもらい、活動を許可されたクズ高男子バスケ部。その矢先、トビが立て続けに問題を起こす。百春の土下座で何とかその場は収まるが、翌日、トビが暴力沙汰を起こし…

第9話「鳶とボールと仲間の痛み」

トビに退学の処分が下った。3年の西脇たちに挑発され、正当防衛ともいえる状況だったにも関わらず、処分は覆らない。トビのバスケに魅せられた空は、顧問の五月に頼み込んで何とか処分を撤回させようとする。

第10話「マネージャー」

関東大会での丸高の試合を見て、さらにやる気に燃えるクズ高のメンバー。しかし、練習中に空のバッシュが壊れてしまう。空は母からもらった大事なバッシュを修理してもらおうと、スポーツショップを探し回る。

第11話「男の意地と女のプライド」

クズ高バスケ部の練習を見学していた奈緒は、「このチームで試合に勝てるとは思えない」と言い放つ。そして、その分析が正しいのか検証すべく、空たち男子バスケ部は女子バスケ部と試合をすることになる。

第12話「TEAM」

男子バスケ部と女子バスケ部の試合が続くなか、トビは試合を見ながら勝てる様子がないことに愚痴をこぼす。そんなトビに奈緒は、このチームには勝つために足りないものがあると話す。そして、そのまま勝敗が決し…。

第13話「温度の違い」

インターハイの予選が1カ月後に迫ったある日、バスケ部は奈緒の提案で合宿をすることに。クズ高がインターハイに出場できると信じる奈緒は、部員にハードなトレーニングを課し、彼らもそれに必死で取り組むが…。

第14話「勝利に向かって」

鍋島と茶木が合宿から逃げ出し、空は2人を捜しに出かける。中学生とのバスケ対決で手も足も出ず、落ち込んでいた2人は、その中学生が女の子からバスケを褒められているところを見た途端にやる気を出し始める。

第15話「男の心意気」

北住吉高校との練習試合が始まった。空はたまたま通りがかって見学に来た丸高の常盤から、北住のフォワード・蒲地太郎の実力を教えられて気を引き締める。一方、北住もクズ高の実力に気づいて戦闘態勢に入っていく。

第16話「最高の始まりと最悪の始まり」

クズ高と北住の練習試合中、奈緒をめぐって千秋が蒲地にライバル心を燃やす一方、百春は中学時代の後輩・小西から挑発を受けていら立つ。そして空の予感通り、流れに乗った北住から追い打ちをかけられる。

第17話「バーサス」

ヤスのシュートが決まり、クズ高は勢いづく。一方、古賀監督にハッパをかけられた蒲地は、これまで以上に燃えていた。縦横無尽に走る蒲地と必死に食らいつこうとする空の、一進一退の「走りっこ」が続いていき…。

第18話「今・・・・。」

空がベンチに下がるも、リードを維持したままラストピリオドにつなげたいクズ高は、交代したチャッキーやナベが奮闘。トビも2人のヘルプと攻撃で躍動する。しかし、ラスト1分で北住吉に逆転されてしまう。

第19話「誰よりも高く」

クズ高が同点に追いつき、ついにラストピリオドへ。その時、小西の口から百春が言った嘘が明かされる。百春は小西の想いや、自分がバスケを止めていた間も努力を続けていたことを知って動揺する。

第20話「ラストプレイ」

北住吉との点差が11点に広がり、クズ高は空をポイントガードにして千秋が点を取りにいく作戦に切り替える。ポイントガードとしての役割がうまく果たせない空に対して、千秋は気合を入れるが…。

第21話「涙」

空が放った3ポイントシュートは惜しくもリングに跳ね返され、クズ高と北住の練習試合は北住の勝利となった。試合後、北住の監督・古賀に最後のシュートに迷いがあったと指摘され、空はショックを受ける。

第22話「ラストピース」

クズ高球技大会でバスケの試合に参加する空だが、3ポイントシュートを1度も打たないことを奈緒に指摘される。さらに、千秋には北住との試合のトラウマで打てなかったことまで見抜かれてしまう。

第23話「月とリング」

球技大会で茂吉のフックシュートを見た空と奈緒は、プレーヤーとしての彼に興味を持つ。そして、ドリブル音に引かれて体育館にやってきた茂吉をバスケに誘うが、医者から運動を止められていると断られてしまう。

第24話「光」

地区予選が1週間後に迫ったある日。体育館に向かう空たちの前に茂吉が現れ、バスケ部に入れてほしいと頭を下げる。本気でバスケをやりたいという茂吉は、化学部に退部届まで提出していたのだった。

第25話「埋もれた才能」

クズ高メンバーは中間試験の赤点を免れ、無事試合に出場できることに。予選当日、気分が高揚して一睡もできなかった空が試合前にクズ高の体育館に行くと、ヤス、ナベ、チャッキーも眠れずに体育館で練習していた。

第26話「RUSH AND RUSH」

クズ高が地区予選の初戦で当たった相手は新城東和学園。「個々の能力ならうちの方が上」という奈緒の言葉もあり、クズ高は優位に試合を進めていく。しかし、茂吉は全員の能力が勝っていると思ってはいなかった。

第27話「THE HARD PLAY」

クズ高リードのまま第2クォーターが開始。だが、高身長のオールラウンダー・高橋を中心とした新城の果敢な試合運びに押され、クズ高は逆転を許してしまう。それでも強気で攻め返すクズ高だが…。

第28話「誓い」

茂吉とトビの活躍で1点差にまで詰め寄ったクズ高だったが、すぐさま新城に差を広げられてしまう。そんななか、空は千秋から言われたポイントガードに必要な「目」を意識し、少しずつ試合の全体が見え始める。

第29話「キズナ」

自分を探しに来てくれた奈緒のおかげで闘志を取り戻した千秋は、新城のプレイの起点が高橋にあると見抜く。千秋の活躍によって形成は逆転し、クズ高が猛攻を仕掛けて一気に新城を突き放していく。

第30話「存在意義」

けがの痛みに耐えて果敢に点を取りに行く児島の姿に鼓舞され、新城メンバーは勢いづいていく。取られた点をすぐに取り返すクズ高だったが、試合が進むにつれて徐々に体力の差が明らかになってしまう。

第31話「守るべきもの」

勢いづく新城を止めるべくメンバーチェンジでトビを試合に戻すが、新城の猛攻はさらに勢いを増していく。得点はリードしていたが体力が限界に近づき、クズ校はついに6点差にまで迫られてしまう。

第32話「TIME LIMIT」

最終クォーターでクズ高のリードは4点差まで詰められて、試合時間は残り1分をきった。新城のファウルでクズ高にフリースローのチャンスが訪れる。だが1本目を外し、百春の緊張がピークに達してしまう。

第33話「LIFE」

クズ高と新城の試合が終わり、空は母・由夏の容態が悪いと知らされて病院へ向かう。「大きく産んであげられなかった」と謝る由夏に、空はバスケを通じて出会った素晴らしいプレーヤーについて熱く語る。

第34話「光跡」

バスケ部の部室が全焼し、その原因として百春たちが吸おうとしたたばこの火の不始末が疑われる。問い詰められてたばこを吸おうとしたという事実を伝えた百春に、五月や奈緒は厳しい言葉を口にする。

第35話「STAND」

クズ高バスケ部の廃部が決まり、百春たちは無期停学となった。休みの日に体育館を訪れたトビは、そこで謎の男から声を掛けられ、1on1の申し出を受ける。トビは男のプレイについて行けず驚がくする。

第36話「KIDS ARE ALLRIGHT」

百春たちの停学中、奈緒や千秋ら残されたメンバーは「バスケ同好会」を作るべく奔走していた。しかし、同好会も顧問がいなければ認められないとわかる。そんななか、長野から戻ってきた空も事件のことを知り…。

第37話「TENDER」

百春たちの停学がとけた。空たちは今のメンバーでのインターハイ優勝を目指すことになるのだが、同好会の顧問探しは難航する。可能性があるのは五月のみで、百春はケジメとして五月の説得役を買って出る。

第38話「ピアス」

バスケ部を復活させるために校長が空たちに与えた条件は、教師たちの前で横浜大栄高校と練習試合を行うことだった。強豪校相手におののくクズ高メンバーだったが、奈緒にはそれ以上に気がかりなことがあった。

第39話「FIGHT FOR ROCK FOR LIFE」

決勝ブロックの横浜大栄対新丸子の試合。追いつ追われつが続くなか、横浜大栄の白石静が登場。白石は“ポイントフォワード”であり、奈緒が千秋に見てほしかった選手だ。千秋は別の場所で白石のプレイを見ていた。

第40話「STOP & GO」

クズ高は横浜大栄の試合の映像を見て、練習試合での策を練るのだが、その圧倒的な実力に驚がくするばかり。しかし奈緒は、ポジションを変えることで勝機を見いだそうとする。空は新たな技を習得すべく…。

第41話「挑戦者」

クズ高と横浜大栄との練習試合当日。横浜大栄は、1・2年生がメインのチームを組んできた。横浜大栄の監督・酒巻は、それでも勝てると豪語。奈緒は、チャレンジャーとしての奮起を促すが、いまだトビが姿を現さない。

第42話「宣戦布告」

横浜大栄との試合が始まった。開始早々にヤスがゴールを決めるが、それはオウンゴールだった。それでも、クズ高メンバーは自分たちがこれまでに努力してきた成果を感じていた。勢いづくクズ高だったが…。

第43話「ベストメンバー」

チャッキーと交代してトビが出場。トビは奈緒の忠告を聞かず、いきなりチームを無視するかのように激しくプレイをする。しかし空は、百春に声をかけるトビの様子を見て、残りの2分はトビに任せてみることにした。

第44話「導火線」

クズ高は、横浜大栄の猛攻に、段々とペースが乱れていった。空は鉄男とのマッチアップで、横浜大栄の選手層の厚さを痛感する。鉄男は茂吉のディフェンスの穴を狙って、クズ高のゾーンを崩すことを指示された。

第45話「ブレイク」

横浜大栄との試合はハーフタイムに入った。空は、横浜大栄の1年生・上木鷹山にバスケを教えたのが、自身の母・由夏だったことを知る。そして後半戦が始まる。横浜大栄との得点差は30点だ。百春はある宣言をする。

第46話「ある証明」

クズ高は横浜大栄に大差をつけられながらも必死だった。トビが横浜大栄のゴール下を割ってシュートを決めると、空も3ポイントシュートを決める。まだ得点差は30点あり、奈緒はある作戦を取ろうとするが…。

第47話「家鴨の空」

千秋が豹の反応も追いつかないパスをトビに通してシュート。さらにトビのパスを受け、空が3ポイントシュートを決める。その姿を見ていた横浜大栄の上木鷹山は、酒巻監督に出場を願い出る。却下されるのだが…。

第48話「ストレイトストーリー」

空は、体格差があまりない鷹山のプレイに、自分の驕りを痛感する。トビは極限を超えているにもかかわらず、持ち前のセンスがさらに増していった。残り時間はわずか。点差を覆すことは不可能と思われたが…。

第49話「ラスト・ピリオド」

母を亡くしたあの日、自分ひとりの力でコートに立つと誓った空は、横浜大栄と30点差があっても攻めようとする。千秋のマークについたのは白石は、連続で12点ものゴールを決めていく。クズ高メンバーは戦い抜き…。

第50話「ブリッジ」

横浜大栄との練習試合は大敗に終わった。しかし、バスケに対する想いが伝わり、同好会の設立が許可された。クズ高メンバーは素直に喜べないでいたが、空はやる気満々。他のメンバーも刺激されて…。

『あひるの空』の感想

30代女性
30代女性

主人公の車谷空が高校のバスケットボール部に入部するところから物語は始まります。空は、とても小柄で、バスケットボールをするには不利な背格好ですが、親の影響で小さい頃からバスケットボールと接してきてバスケットボールが大好きすぎるので、体格的に不利な部分をカバーするために必死で練習し、誰にも負けない、ある武器を手に入れます。それは、技術面だけではなく、精神面でも持っています。バスケットボールと向き合い、ひたむきに練習する姿や、絶対無理だと言われ、馬鹿にされることも多いけどバスケットボールへの情熱が絶えることはなく、試合に勝ちたい楽しくバスケットボールがしたいと言う強い気持ちが、どんなに辛い事があろうと絶えないところが格好いいし、見習いたいと思うところであります。その空の気持ちに突き動かされる、不良同然のバスケットボール部員たちとの友情を育んでいく様子が自分たちの青春時代だった頃を思い出させてくれるので、すごく心を熱くさせられるし、時には涙を流してしまうほど、若い頃の純粋で素直な気持ちに心を打たれます。チームプレイの大切さや大事な人への信頼や、人に対する優しさを持つこと等、スポーツってやっぱりいいなぁ、青春って輝いてていいなぁと思わせてくれる作品です。

20代女性
20代女性

主人公がバスケットボールには不利である低身長ながら、仲間と力をあわせて様々な強豪校と戦う姿がとても感動します。他のバスケアニメやスポーツアニメと違い、コミカルな部分も多く、男性だけではなく女性にも抵抗なく見る事が出来ました。自分はスポーツが苦手なので、単純にすごいと感じる部分やスポーツが得意でも苦手なパフォーマンスなどもある事に、勇気をもらえます。ただひたすら何回も練習して習得する場面や強豪校との対戦シーンなどは感動して泣けます。バスケ部を自分で作って、大きな大会に出る所は、本当に感動しました。主人公の家族模様なども描かれており、さらに感情移入できるようになっていると感じました。仲間との紆余曲折も実際の高校生活を思い出させてくれ、懐かしくもありました。困難を仲間と戦い乗り越えていく姿が、自分の生活とリンクするところもあり、翌日もっと頑張ろう!という気持ちになれます。自分の好きなアニメ5に入るくらい好きです。

20代女性
20代女性

実はアニメ放送される前に少しだけマンガで読んでいました。最近多い超次元スポーツアニメではなく、現実的な内容となっています。アニメ放送されると知って絶対に見ようと心に決めていました。このアニメはバスケットボールのルールを知らなくても楽しめるのがミソです。なんせ出てくる部員がバスケット初心者なのです。彼らは本当に何も知らない初心者でバスケがしたくて部活に入ったわけではない、いわゆる不良集団です(中には経験者もいますが)。経験者がもっと強くなっていく過程もわくわくするのですが、初心者たちの成長過程も楽しみのひとつです。できなかったことができるようになっていく、それはバスケに限ったことではありません。見ていてやる気をもらえます。この試合は勝つのか負けるのか、主人公だから勝つなんて甘いアニメではありません。もちろん負けることも多々あります。それでもあきらめずに続けていく彼らが試合に勝ったときは見ているこちらもとても嬉しくなります。青春を感じたい、そんな人におすすめのアニメです。

20代男性
20代男性

バスケットを通して、多感な思春期の感情の揺らぎや仲間との絆等を描いた青春アニメ。同じバスケットボールアニメでは、スラムダンクが有名ですが、あちらを熱血とするなら、こちらは繊細の一言に尽きます。ストーリーとしては、不良のたまり場となり荒廃した高校バスケ部を主人公の空が仲間とともに復活させ、全国優勝を目指すといったものになっています。見どころとしては、各登場人物たちの日常や家族、将来への不安といったバスケット以外の出来事や心情の移り変わりを丁寧に描いている点です。登場人物たちは潜在能力こそあれど、現時点での実力は低いものですし(例外はありますが…)、在籍する高校自体も、全国大会に毎年出場するような強豪校ではありません。だからこそ、彼らはバスケットボールに青春と情熱を注ぎながらも、将来についても悩みますし、他人との関係や恋愛にも苦しみます。そんなバスケットボールだけにとどまらない、彼らの日常を色濃く繊細に描くからこそ、バスケットボールが際立ち、その試合や過程も心震わすものになるのではないかと思います。今後彼らがどんな青春を送っていくのか楽しみでなりません。

\31日間無料お試し/

※解約はボタン一つでとても簡単。

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。
error: Content is protected !!